腸活で全ての悩みを解決

腸活で実際に行ったこと

腸活2週間で腸内環境は変わる大腸をケアする腸活10カ条

私が行った腸活についてですが、食生活改善とこまめな水分補給と運動とマッサージです。
食生活改善というテーマで取り組んだこととしては、ゴボウやレンコンやサツマイモやリンゴやキャベツやシリアルや玄米など不溶性食物繊維が多く含まれる食べ物を意識的に食べる、腸活に欠かせない乳酸菌やオリゴ糖や酪酸菌やビフィズス菌をヨーグルトやサプリメントで摂取する、1日3食朝は多めで夜は少なめという食事のリズムを作るなどがあります。
不要性食物繊維は消化されない状態で大腸まで到達し、水分を吸収して膨張して便の量を増やす働きがあるので、下痢による腸内環境の乱れがある方には不向きですが、便秘が原因の腸内環境の乱れに悩む私にとっては積極的に摂取したい栄養成分です。
乳酸菌やビフィズス菌は胃酸に弱いという性質があるので、胃酸の分泌が弱い食後というタイミングを狙って摂取するようにしています。
食事のリズムがお通じのリズムに直結すると感じたので、毎日同じ時間に食事をとることも心がけました。
水分が不足すると便が硬くなって便秘になりやすくなるので、こまめな水分補給も欠かせません。
私がよく飲むのは、便を柔らかくさせる働きがあるミネラル成分のマグネシウムが多めに含有されたミネラルウォーターです。
1日1.5〜2リットルを目安に飲みます。
運動は腸の蠕動運動を活発にさせるために行うので、お腹を意識しながら腹筋や縄跳びやランニングやストレッチやヨガに取り組みました。
腸活にもなるし体質改善や肉体改造やダイエットにもなり、運動の大切さを実感しました。
マッサージはとても簡単で、床に寝そべり大腸の形をイメージしながらおへそを中心に時計回りに圧迫するだけです。
即効性があり、マッサージをした直後にすぐに便意がもよおされることもあります。

腸活の重要性について腸活で実際に行ったこと腸活を行って得られた効果について